PHAETON LABORATORY

dissect the inspiration

TALK SHOW|佐久間 裕美子 × 早坂 香須子 – Vol.1

tlakshow2017top_03

 

TALK SHOW|Vol.1
Harvest Festival Tapestry at PHAETON

佐久間 裕美子 × 早坂 香須子
 

 

NY在住のライター/ ジャーナリスト、
2014年に話題となった「ヒップな生活革命」の著者、
佐久間裕美子さんの
新刊「ピンヒールははかない」(幻冬舎)
刊行記念のスペシャルトークショー。

 

さらに今回はトークショーの
スペシャルゲストとして
広告、雑誌、TV、ファッションと
幅広い分野で活躍されている
大人気のメイクアップアーティスト
早坂香須子さんをお迎えし、

 

「秋の収穫祭スペシャルトークショー」
としてPHAETONで開催しました。

 

1時間に渡るその様子を、
全編もらさず(!)掲載いたします。
どうぞお楽しみくださいませ。

 

佐久間裕美子
早坂香須子

 

NUTS ART WORKS Interview at PHAETON

DSC03928

 

NUTS ART WORKS × SAKAYA

ナッツさんとPHAETON|坂矢の関係性
 


PHAETON
「PHAETONのサイン=ナッツさん」なのですが、
今までにどのような交流があって
こんなにNUTS ART WORKSのサインがあるのか、
みんな不思議に思っているところで、
その関係性が気になるところです。

長く交流があるということだけは
なんとなくわかってらっしゃる方は
多いと思いますが、

その出会いについて、
本日は具体的にお聞かせいただければ。
SAKAYA
これは結構、人から聞かれます。笑
NUTS ART WORKS
一番はじめはバイクのペイントだよね。
SAKAYA
そうですね。
NUTS ART WORKS
(当時は)俺もまだ、
そこまで忙しいって感じでもなくて、
SAKAYA
ギリ20代ですよね、まだ。
NUTS ART WORKS
20代かね?坂ちゃんがまだ10代の時だよね。
SAKAYA
そうですね。
NUTS ART WORKS
その時に、なんかロシア語みたいなのを
バイクに描いてっていうのを頼まれたのが
交流が始まったきっかけ。
PHAETON
それは、(坂)がナッツさんの
アトリエに乗り込んでいったんでしょうか?
SAKAYA
家が近かったんですよね。
五本木の通りを歩いていたら
ナッツさんが描いた
エルカミーノかなんかがあったんですよ。
駒沢通りに。
NUTS ART WORKS
あ〜!うん、うん。
SAKAYA
ボンネットに描いてあるのをみて、
「うわ〜!」ってなって、ファクターがあって。
NUTS ART WORKS
ファクター通したんだっけ?
SAKAYA
あれは通してないですよ。
ナッツさんと携帯番号を交換して。
NUTS ART WORKS
そうだっけ?
SAKAYA
そうですそうです。それで、
M&Mが積んであるところに行きました。
そこで描くっていって。
NUTS ART WORKS
俺がまだ、場所を構えられて
いないぐらいの時だったから、
M&Mの場所を借りて、
バイクに描いたっていう。
田園調布のね。
SAKAYA
そうですね。
PHAETON
車に描かれたサインを見て、
描いた本人を探したら
ナッツさんだったんですね。
SAKAYA
ファクターの目の前に止まってたんですよ。
NUTS ART WORKS
うん。
SAKAYA
あれは誰のものだったんですか?
NUTS ART WORKS
あれはお店の車として使ってたやつだね。
PHAETON
そこからもうずっと
この関係が続いているんでしょうか?
時々注文しては描いてもらって、
というような。
SAKAYA
まずはそれが最初の1回ですよね。
NUTS ART WORKS
はじめはそんな頻繁じゃなかったよね。
次会ったのは「店を始める」みたいな
感じの時じゃなかった?
SAKAYA
そうですね、店を始めて少ししてから。
NUTS ART WORKS
車に描いたよね。前あったベンツのやつね。
 
 
NUTSARTWORKS_shoemark_frame
 
 
IMG_5008
 
SAKAYA
そうですそうです。仕事じゃないやりとりでは、
その前にも何回かありましたよね。
アトリエに遊びに行って、ちょっと喋ったりとか。
 
DSC05163DSC05165
NUTS ART WORKS
うん。
PHAETON
頻繁にやりとりが始まったのは
それからなんですね。
NUTS/SAKAYA
そうそう。
NUTS ART WORKS
あの時の車はもうかなりガッツリ描いて、
それからはもうポツポツ、って感じではなくて、
割と密にやってたよね。
次の店をやるんでとか話しながら。
 
L1221356
PHAETON
当時は数ヶ月おきにPHAETONをのぞくと
頻繁に新しいサインに変わっている
という状態でしたよね。
あれだけのクオリティのサインが
行くたびに増えたり変わったりしていて、
訪れた人にとっては驚きでした。

当時、年代設定の違うサインが
並んだりしていましたよね。
SAKAYA
大阪の時にそうだったんですよね。
大阪PHAETONの時は
少し年代を変えながら作ってましたよね。
 
L1226093 L12251331
 
2012.3  –  2012.8/
期間限定店舗 PHAETON 大阪南船場
 
NUTS ART WORKS
そうだね。
PHAETON
やはり新しいサインを起こすときは、
お題を出して、ナッツさんが
それに応える感じなんでしょうか?
NUTS ART WORKS
最初はそうだったんだけど、
最近はお互いマイブームで
「これ面白いよ」「これやろう」ってなったり、
「これ面白いよ」って言って
「じゃその看板お願いします」ってなったり。

ま、そんな感じなんだよ。最近は。
PHAETON
もうオーダーというよりは「お任せ」だと?
NUTS ART WORKS
「マイブームおまかせ」だよね。
一同
SAKAYA
マイブーム投げ合いからの
マイブームお任せ。

 

 


THE LMS GALLERY

2011年に発足した、カメラ部活動。
不定期に更新される、NUTS ART WORKS率いる 謎の集団。

 

THE LMS GALLERY ← 》

 

the-lms-gallery

 

SAKAYA
それで、そこから
カメラにいったんですよね。
PHAETON
LMSはそれがきっかけで
始まったんでしょうか?
SAKAYA
もちろん。
SAKAYA
当時ナッツさん
ローライ買おうとしてましたよね。
NUTS ART WORKS
ローライだっけ?ハッセルじゃなくて。
SAKAYA
あ、ハッセルです。
そこに僕が
 
「はい、ちょっと待ってください」と。
 
ライカの話になって。
アトリエで延々と。延々と話して。
一同
SAKAYA
そこからの流れですよね。
PHAETON
そこでナッツさんは
説得されてしまったんですね。
NUTS ART WORKS
そうだよね。
SAKAYA
画伯(ナッツさん)がのめり込んで、
LMS GALLERYっていうのを
発足しようって。
PHAETON
そこからLMSを始めてしまうまで
すごいペースですよね。
周りで見てる方は、
なんかライカすごいなって思い始めた頃には
もうLMSができちゃった感があります。
NUTS ART WORKS
あ〜。わりとそこまでは早かったかも。
SAKAYA
一週間のうち、6・7回?
毎日のようにメールしてて、
それもレンズの話のみ。
NUTS/SAKAYA
アハハハ!!
SAKAYA
お互いが欲しいレンズをもうわかってて、
「今大阪にいるんですよ」って言ったら
「〇〇カメラ?」
「もしかしてあのレンズ?」って。
「だよな〜」ってナッツさんが言うんですよ。
SAKAYA
レンズまで指定して当てちゃう。
わかっちゃう。
今あそこにはあのレンズがある。って。
全国の在庫把握してましたから。笑
SAKAYA
ある日、正月に、
超解放レンズ「ノクチルックス」
っていうのがあって。

それがどうしても
欲しいってなぁってなってて、
いよいよ、
誰が最初に買うのかっていう
空気が流れていたんですよ。
二人の間で。
NUTS ART WORKS
SAKAYA
そしたらまさかの。
二人とも元旦の同じ日に買っていたという。
NUTS/SAKAYA
アハハハ!!
SAKAYA
同じ人から買ってるんじゃないですか?
NUTS ART WORKS
あれどこで買ったんだったかな。
SAKAYA
オンラインショップですよ。
同じ日に、二人してポチったんですよ。
NUTS/SAKAYA
アハハハ!!
PHAETON
すごいですね、そのレンズは
「ここまでいったら最高」っていう
行き着くところなんでしょうか。
SAKAYA
どうですかねー、画伯。
NUTS ART WORKS
なんか一回は
明るいレンズにガーッと興味が行くので、
明るさが最高峰だから。
出てるレンズの中で。
そこに一回行っちゃうんだよね。
SAKAYA
ライカを持っていて、
ノクチにいっていないっていうことが
「負け」た感がある。
NUTS ART WORKS
アハハハ!!
PHAETON
そこまで一瞬で行ってしまうんですね。
しかもそこからLMSの
オリジナルグッズまで作ってしまうという。
SAKAYA
それはやっぱり画伯が、
インプットしたものを
アウトプットするっていう
感受性があるから、
すぐに出てくるんだと思うんですよ。

すぐに「おじさん」が出てくるし。
そういうことですよね。
生み出すというか、現れるというか。
PHAETON
すぐ昇華させてしまうんですね。
NUTS ART WORKS
すぐに欲しいものが
作れる環境に今あるから、
作れる人もいるし。
そうなると、
「あれ作って」ってなるよね。
SAKAYA
ケース作ろう、バッグ作ろう
・・・で
「エアフレッシュナー」作ろうって。
 
L1232003
 
NUTS ART WORKS
カメラ全く関係ねえっていう。
NUTS/SAKAYA
アハハハ!!
PHAETON
あのLMSおじさんは、
いたるところで見かけますね。
石川県で結構おじさんを
付けた車が走ってます。
 
 
L1237649
NUTS ART WORKS
へ〜
NUTS/SAKAYA

 

 


日本語サイン

 

NUTS-ART-WORKS5

 

PHAETON
ナッツさんのインプットと
アウトプットを繰り返す中で、
どのタイミングで最近発表された
「日本語サイン」が出てきたんでしょうか?
NUTS ART WORKS
日本ぽいものは、もうずっと前から
その気はあったんだけどさ、
仕事としてやるのは
ちょっと微妙だなと思ったりしてた。

なんかこう、「なんでも出来る屋」さん
になっちゃうというか。

ただもう、今回は
「呼ばれちゃった」感じだよね。完全に。
もう「やったほうがいいよ」って
言われてる感じ。
SAKAYA
もう飛び越えたってことですよね。
ポンって。
NUTS ART WORKS
そうだね、仕事として受けてもいいな、
むしろやりたいっていう風に
今は考え方が変わっちゃってるし。
PHAETON
ナッツさんは書道などはされているんでしょうか?
NUTS ART WORKS
書道はやったことないんだけどね、
もう最近はそういう資料ばっかり買ってる。
PHAETON
ナッツさんのサインの日本語は、
筆の運びが、よくあるレトロ調の書体
みたいなものではなく、
日常的に筆を使っていた時代や
中国の石碑などに残る筆文字のような
生きた表情を持っています。
 
完全に看板屋の一線を飛び越えてます。
NUTS ART WORKS
けど、まあ、そこで思うのは
書道であれを書ければすごいんだけど、
俺の場合、デザインをちゃんと考えてこう、
やってるからね。
SAKAYA
うんうん。
NUTS ART WORKS
スラスラスラって書いてるわけじゃないから。
そこはやっぱり、負い目は感じるけどね。
PHAETON
頭の中にあの絵が描けていないと
文字のプロポーションが成立しない、
という意味では
サインとしては完璧だと思います。

 

 


お気に召すスタイル

PHAETON
今PHAETONで使っている、
NUTSさんのサインから抜粋した
「お気に召すスタイル」という
フレーズなんですが、
この辺の言葉というのは
NUTSさんが考えられているのでしょうか?
NUTS ART WORKS
昔の、昭和の広告集とか、
やっぱり今と言葉の使い方が
違うっていうかさ
何か独特な感じがあるから、
そういうのを結構拾い集めて、
あてはめるっていうか、
そういうことをやってる。
PHAETON
面白いです。リニューアル前の
フェートンにあったカウンターの棚に、
縦書きのカタカナと漢字で
 
「フェートン洋品店」
 
と金で入れられたものが
大きく日本語が取り入れられた
最初のサインでしたが、
日本語がこんなにマッチする形で
取り入れられるものかと衝撃でした。
 
 
L1306153-691x1024
 
2015年ごろのPHAETON
シンボル的なカウンターにて/
ナッツさんとOLD JOEデザイナー高木さんと
PHAETON
このころには結構
手をつけ始められていたんでしょうか?
NUTS ART WORKS
趣味ではもう結構ネタを見てたり、
やってたんだけど
仕事としては何かでやって、
発表するとかはなかったね。
PHAETON
海外で大々的に日本語サインを
出されているのを見て、ハッとしました。
 
スクリーンショット 2017-10-12 2.21.19 スクリーンショット 2017-10-12 2.21.58

 

 

NUTS ART WORKS
じわじわ来ていたっていうのもあるし、
いい機会だから
どうせ外国行くんだったら、
日本語のフォントで持って行った方が、
でっかい古臭いのが、迫力ある
看板持ってった方がいいなと思って。

そうだね、あれは意外に、
狙ってやったっていうか。
PHAETON
あれを機に海外から日本語で
サインのオーダーも
来ているんでしょうか?
NUTS ART WORKS
ないねぇ!実際。
一同
PHAETON
では今から告知されて
いくんでしょうか。
NUTS ART WORKS
まあそうだね。
今だって別に自分から
宣伝してるわけじゃないからね。
PHAETON
フェートンの今回のイベントに合わせて
日本語のサインを複数用意された
というわけでもないんでしょうか。
NUTS ART WORKS
うん、もともと今の店内に
置く看板が欲しいっていうので、
どんなのがいいかな〜っていう話は
結構前からあったんだけど、

思い切って、これは、
ジャパンブームが来てるから、俺に。
漢字とかそういう感じでやらせてって言って。
描いてきちゃった感じだね。
PHAETON
NUTS ART WORKSの
丸ロゴがありますが、
日本語版もそのうち?
NUTS ART WORKS
あ〜、いや、あれはあれで。
どうなんだろう。
あれの日本語版は考えてないね。笑
PHAETON
PHAETONの新サイン、
ありがとうございました!
 
 
 
 
 
 

 

phaeton_japanesesign

 

 

 

NUTS-ART-WORKS1

 

NUTS-ART-WORKS2 NUTS-ART-WORKS3 NUTS-ART-WORKS4 NUTS-ART-WORKS6

 

 

 

 

 

nuts-art-works_photo_03nuts-art-works_photo_04nuts-art-works_photo_05nuts-art-works_photo_06nuts-art-works_photo_07nuts-art-works_photo_08

 

2010  –  2016

PHAETON

 

 


ARCHIVES BOOK

 

 

日本のサインペインターのパイオニア。 SIGN PAINTER “NUTS ART WORKS” 228ページに及ぶアーカイブブック。 「看板屋と旅人は嘘をついても許される」

21世紀の商業デザインにおける、静かなる革新。

 

 

He is a pioneer of Sigh painter in Japan “ NUTS ART WORKS “ 《SIGN PAINTERS AND TRAVELERS HAVE LEAVE TO LIE》

For the 21 century commercial design

"Quiet Innovation”

 

 

top_nutsbook-pc

 

 

 

   

nuts_art_works
NUTS ART WORKS
1996年にサインペインターとしての活動をスタートし、 数多くのショップサインや、ブランドのグラフィックを手掛ける。2014年、独自の世界観で作品を作り続けてきた活動の約17年間の中から店舗数45店以上、作品数250点以上をまとめたアーカイブブック「SIGN PAINTERS AND TRAVELERS HAVE LEAVE TO LIE 」が完成。

 

 

 

APOC / Masako Okawa

L1422249
 
 
 

APOC PANCAKE PARTY at PHAETON

2017.6/27tue・28wed

 

ご来場のお客様を見て、
非常に幸福度の高いパンケーキパーティだったと感じました。
みなさん本当に幸せそうな表情で
パンケーキを頬張られていました。

今回はゲストのAPOCの大川雅子さんに
パンケーキの魅力について、お話ししていただきました。

 

Read more

Porter Classic / Director Leo Yoshida – Interview Vol.3/3

 
 

Porter Classic / Leo Yoshida
Interview at PHAETON


Porter Classic 代表 吉田玲雄氏のインタビューの最終回。(Vol.3/3)

 

 
 

Read more

Porter Classic / Director Leo Yoshida – Interview Vol.2/3

porterclassic_leoyoshida_interview-3
 
 

Porter Classic / Leo Yoshida
Interview at PHAETON


Porter Classic 代表 吉田玲雄氏のインタビューの第2部。今回は今後のPorter Classicの動向や、今年の9月で3周年を迎えるPorter Classic 金沢についてお話ししていただきました。

 

 
 

Read more

Porter Classic / Director Leo Yoshida – Interview Vol.1/3

porterclassic_leoyoshida_interview
 
 

Porter Classic / Leo Yoshida
Interview at PHAETON


ファンをはじめ、スタッフでさえも知らない秘話が存在します。人を魅了して止まないポータークラシックの興味が尽きない部分を、PHAETON、Porter Classic金沢との関係も含め、代表の吉田玲雄氏に直接お話していただきました。

 

 
 

Read more

ORDER MADE INSOLE vol.9

FOOTWORKS
INTERVIEW VOL.4

labo_footworks4

by Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE – J-wave

 

Read more

FOOTWORKS
INTERVIEW VOL.3

labo_footworks3

by Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE – J-wave

 

Read more

FOOTWORKS
INTERVIEW VOL.2

labo_footworks2

by Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE – J-wave

 

Read more

PHAETON SMART CLOTHES -ECLUSIVE, SMART NEW DESIGNS and OLD FAVORITES-